総合商社の蝶理(株)が新生蝶理として提案したテーマは『スローラ イフ』。今では大分聞き慣れた言葉になったが、2003年にこのテーマで蝶理さんをプッシュしていただいたのはカリスマバイヤーとして名高い藤巻氏。一緒に打合せをする機会はありませんでしたが、会期中の懇談会
で拝見したところ、とても気さくでパワーのある方でした。
 
入口では展示会場に入るまでに訪れた方の気持ちが切り替わるように、静寂な環境音楽の中、世界各地のスローライフを感じる写真に包まれた空間に始まり、出口ではセンサーが作動しロゴ投影と同時に『スローライフってなあに?、スローライフしてますか?』と子供が問いかけてくる仕掛けを作ってみました。

*録音に協力してくれた子供達やその両親にとても感謝してます。
 
今回の蝶理さんの展示会では物づくりだけでなく展示会への参加性 についてもいろいろな試みが成され、不織布を使って学生や作家からの提案を展示したり、参加型アンケートを実施もありました。我々がプロデュースしたのはトークイベント会場の椅子を学生の手作りによるもので、イベントが開催されていない時もギャラリーとして空間が絵になっているものだった。OBだということだけの勝手なお願いでしたが、お茶の水美術専門学校では快く引き受けていただき、講師の今中さんの指導のもと、学校の課題として取り組んでくれました。とてもユニークな作品が集合しました。(今中さんありがとう!)
 
最後に協力してくれた学生さんたちの作品を紹介しまし〜す!
 
 
展示会テーマは『スローライフ』
展示会場 展示ブース
展示会最終日には協力してくれた学士達も駆け付けてくれました